<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昨年に遡って…懸税(かけぢから)
 「懸税(かけぢから)」、秋の田に実った稲の穂を抜き、麻で束ねて「懸税」を奉製します。
b0123970_20395387.jpg

 まず神前にお供えして、収穫を奉告し感謝を献げます。そして神宮の神嘗祭に奉納します。
b0123970_20454961.jpg

  「税」は“ちから”と読み、「民から奉る稲の束のことで、『民の力』の意であろう」ということです。伊勢の神宮では、奉られた稲の束を社殿の垣に懸けるところから、「懸税(かけぢから)」と言われています。当神社は玉垣門と鳥居に懸けて、感謝と祈りを献げます。
b0123970_20495472.jpg

 日本の国は稲の実りに支えられて長い歴史を紡いできました。稲作に向き合うことから、自然の恵みだけでなく脅威とも共存することを学び、豊作でも思い上がらす、天災に見舞われても希望を失わず、創意工夫をこらして克服する精神性を培い、共同して働くことから思いやりと絆を築いてきました。そんな伝統と精神を改めて見直したいものだと思います。
 
by moriyama-jinja | 2012-02-27 21:12 | 近況報告・ご挨拶
昨年に遡って…御神酒「護山」醸造始めと奉告祭
昨年(平成23)10月8日、御神酒「護山」の醸造始め清祓を、三千櫻酒造で執り行いました。
b0123970_21455416.jpg

太陽と土と水の力で米が実りました。さらに発酵という“自然の恵み”を祈ります。
b0123970_21462078.jpg

12月11日、出来上がった御神酒を神前にお供えして、奉告祭を執り行いました。
b0123970_21464222.jpg

感謝と祈りをこめて拝礼します。人智の及ばない大きな‥何か‥を感じる時。
b0123970_21472066.jpg

空手の凛々しい奉納がありました。
b0123970_2231054.jpg

b0123970_223442.jpg

奉納ありがとうございました。
b0123970_21482256.jpg

お供えした御神酒で、新酒の利き酒。爽やかでさっぱりとした喉ごし。お手伝いいただいた‘敬神乙女会’の姿もチラリと。
b0123970_21561182.jpg

本年は日本酒度+5ということで、味わい談議に花が咲きます。
b0123970_2159242.jpg

by moriyama-jinja | 2012-02-23 22:04 | 近況報告・ご挨拶
平成24年、よい年を願って……
 平成24年(壬辰)の新年は、まず大晦日の花火から。
道の駅「花街道付知」で打ち上げ花火。鳳凰が空を舞っているような……。
b0123970_22452890.jpg

昇竜の花火で、辰年を迎える。
b0123970_22481291.jpg

護山神社、参道のキャンドル。雪が少しパラつき、路面も凍結。
b0123970_22505610.jpg

ライトアップされた境内で、新年を待つ。
b0123970_22521836.jpg

初もうで、お参りする人、おみくじを結ぶ人。
b0123970_1671756.jpg

初もうで、御神札・御守り・おみくじ。
b0123970_1610378.jpg

初もうでのあと、篝火と舞い上がる火の粉。
b0123970_22543777.jpg

澄みとおった星空。今年は良い年になりますように。
b0123970_2257319.jpg

町内、他の神社でも。付知では、「五社巡り」の締めに「護山神社」を詣でる風習があります。
b0123970_230530.jpg

b0123970_2301411.jpg

〔写真提供:付知町早川写真館、早川正文氏〕
by moriyama-jinja | 2012-02-01 22:40 | 近況報告・ご挨拶