護山神社(もりやまじんじゃ)のウッディがヒノボックリと一緒に、お宮とその周辺情報をお届けします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
山祇講祭

b0123970_14461180.jpg本祭日の午後、
もう一つ神事をします。

山祇講祭
(やまづみこうさい) です。

参進の前の 
対揖(たいゆう)。



お祭り よろしくお願いします。


b0123970_14463651.jpg山祇講祭は、
山仕事 ( 伐木・製材・運搬など ) を生業とする人を講員とした集まりです。

やまつみ」 は
山の神様のお名前で、山を持ち、領するという意味です。

」 とは、同じ信仰を持つ人たちの集まりを言います。
(山祇講の場合)


現在でも、木材製造業に携わる方たちが中心となって、お祭りを支えてくださっています。


鋭利な斧(ヨキ)を使い、大木を倒したり、運んだりするのは命がけであったかと思います。

だからこそ昔の人は、信仰を大事に、身を慎んだのでしょうね。


b0123970_14422860.jpgステージでは、
日踊こまどり会さんが舞踊を奉納中です。


b0123970_14434344.jpg手前は、
出番を待つ 剣詩舞道(けんしぶどう)の皆さん。


b0123970_14441132.jpg詩舞(しぶ)の奉納。

毎年、愛知県の春日井市から駆けつけてくださいます。


b0123970_1444281.jpg準備中の弓道の皆さん。


b0123970_14445034.jpg大的(おおまと) に向かって、弓を引きます。


b0123970_14453479.jpg空手道の皆さん。

日も入りかけて少し肌寒くなりました。
( 東西に山があるので、四時頃には日が隠れてしまいます )



この後、恒例の餅拾いをして、春祭りはお開き。

総代・世話人さんはこの後も、境内整備、片付け、直会(なおらい)と 大変お疲れさまでございました。

大勢の皆さんの力添えのお蔭で、今年も春祭りが無事にすみました。
ありがとうございました!


( ここまで来てやっと、春祭りの記事を紹介し終えました… )
by moriyama-jinja | 2010-05-30 14:24 | 近況報告・ご挨拶
本祭当日

b0123970_9545019.jpg4月25日、春祭りの本祭当日です。

雲も引いてきて、
爽やかな青空になりました。

お祭りの気分も高まります。


b0123970_10434824.jpgおんぽい節保存会の皆さん。

杣(そま)の衣装を身に付けて、おんぽい節を奉納します。


b0123970_1042046.jpg
♪ やんれ 
おんぽい 
おんぽいな~


日の丸の めでたい扇で福招き。


b0123970_1338040.jpg宮入(みやいり)の様子。


b0123970_13385120.jpg巫女さんたち


b0123970_13392247.jpg楽人さんたち


b0123970_13395834.jpg玉垣内に進む前に、お清めをします。


b0123970_13414748.jpg拝殿では、熱田神楽の楽人さんが、太々神楽をあげて(奉納して) くださいます。



b0123970_13443710.jpg玉垣の中で、神事が始まります。

世の中の平穏無事と、万民の安泰を、お祈りします。
by moriyama-jinja | 2010-05-29 09:54 | 近況報告・ご挨拶
春祭り (4月24日その②)

b0123970_19343419.jpg拝殿へ参進します。


b0123970_1935195.jpgお祭りがはじまります。

雅楽の音色に導かれ、

宮司、神職、総代が
昇殿(しょうでん)します。


b0123970_19353793.jpg 有難いことに、
十代の子が二人も 
楽人
(がくじん … 雅楽を奏する人) 
として奉仕してくれました。

紅一点女の子もいます。

若いのに偉い!


b0123970_19355073.jpgお祭りが粛々と進みます。


b0123970_19361472.jpg太々神楽
(だいだい かぐら)
を舞う巫女さん。

金の御幣(ごへい)を付けた、
おめでたい榊(さかき)と
笹をかつぎます。


ほかにも、扇子を招いて福を呼び込む所作や、

お鈴を振って豊年豊作を願う所作もあり、たいへん縁起の良い舞です。



b0123970_19371656.jpg練習前の巫女さんをパチリ。

後ろのお二方は、
熱田神楽 笠寺保存会の楽人(がくじん)さんです。

毎年、この春祭りの二日間だけのために、愛知県からはるばる来てくださいます。




いずれが欠けてもお祭り出来ませんから、本当にありがたいことです。
by moriyama-jinja | 2010-05-22 19:33 | 近況報告・ご挨拶
春祭り (4月24日)
4月24日、試楽祭( しがくさい ) が斎行されました。


b0123970_1724156.jpgこの日は
拝殿で神事を行うため、準備をします。


b0123970_17243924.jpgお天気がようて、よかったなぁ~。

そうやなぁ~。



b0123970_17245456.jpg献灯台も設置されました。


b0123970_17252426.jpgお願い事のローソクは、 

家内安全
しあわせ
健康祈願 

などを用意しました。


b0123970_17253842.jpgかわいい巫女さんたち。


小6から中3まで、
各学年2名ずつ
4年間を通して舞姫さんを務めてくれています。


b0123970_18344232.jpg

山祇講 (やまづみこう)の
大幟 ( おおのぼり )
も立ちました。


講長さんたちを
パチリ。


b0123970_19245987.jpg拝殿へ参進。

お祭りが始まります。
by moriyama-jinja | 2010-05-13 17:12 | 近況報告・ご挨拶
近ごろ
たいへん面白く読み終わった本があります。

b0123970_100574.jpg

宮大工 千年の知恵

語りつぎたい、
日本の心と 技と 美しさ



( 松浦 昭次 著  
  祥伝社 発行  平成14年 )




古典建築の話から、日本人の英知、職人のバランス感覚まで、

よくこんなに読みやすい文章にできたものだと感心してしまいます。


特に、

「 社寺建築は 実用一点張りでは困ります。
  姿からして人の胸を打つようなものであって欲しい。
 」

という思いに、ハッとさせられました。

“ 社寺建築 ” の部分を  
“ 神職 ” に置き換えたりして…。



突き詰めた姿というのは、千年の時も越えるのでしょうね。
by moriyama-jinja | 2010-05-11 09:42 | 周辺環境
啓発ポスター

b0123970_20104165.jpg

心に旅を。


b0123970_20132082.jpg神社本庁 ( じんじゃ ほんちょう ) 



ご神前で二礼二拍手一礼の作法をする場合、
かしわ手を拍つときに、いったん両手を合わせてから、

右手を少し引いて、パチ、パチとしますと、
より美しい作法になるようでございます。

その場合は、
かしわ手の後にも両手をそろえますと、なお宜しいようです。
by moriyama-jinja | 2010-05-10 20:09 | 周辺環境
花さかり
うかうかしている間に、カヤランの花が咲きました。

b0123970_1612557.jpg
例年より花が多いような気がします。

 



お陰様で、春の大祭も無事に斎行されました。いいお祭りになりました。

ありがとうございます。


順次、紹介してまいります。

by moriyama-jinja | 2010-05-09 15:59 | 周辺環境