<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
古祠焼納祭:第15回となりました。
 5月3日、「古祠焼納祭」が執行されました。神仏具を調製販売している地元付知町の早川産業さんが、古い神棚や神具を、お祀りした神霊・お祈りした人の真心を尊重して清らかに納めたいと、先代宮司と相談して始めた「古祠焼納祭」も、今年で第15回となりました。
 
b0123970_113512.jpg

社前に木曽檜製の矢来を設けて、古祠・古神具を納めます。
大地・水・空気、そして大陽。その自然が育んだ樹木の生命を戴いて調製した神棚です。











b0123970_11354081.jpg

古祠を焼納した清め灰を杉の大木の根本に奉還して、感謝の意を表します。








b0123970_1136184.jpg

斎火を松明に移し、










b0123970_11362216.jpg

着火。
火事には充分な注意を……。









b0123970_1136467.jpg

火の威力は人間に文化をもたらし、その一方で不注意に扱うと災禍をもたらします。








b0123970_11374967.jpg

火のそのような激しい性質も……、
穀物・野菜、そして樹木の穏やかな生命も……、
それらを戴いて生きている人間も……、
太陽系の一惑星〈地球〉の一部、大きな循環の一部。
by moriyama-jinja | 2009-05-31 13:11 | 近況報告・ご挨拶
セッコク
石斛 の花が咲きました。


b0123970_821810.jpgよく見ると淡いピンク色です。
梅の古木についています。
自生ではないと思います。


b0123970_835413.jpg石斛 【 セッコク 】

着生ランの代表種。
漢方薬にもなる。

薬用にされることから、日本神話の医療神である 少彦名命 ( すくなひこなのみこと )
にちなみ、
少彦名薬根 ( すくなひこなの くすね ) の古名も持つ。


江戸時代より 古典園芸植物として栽培された。

栽培のための採集によって、個体数は激減し、大株を見ることはほとんどなくなっている。

昭和50年代までは神社の境内の木に大株が見られることもあったが、現在ではそのようなものはすべて取り尽くされた。
幸いに、繁殖力の弱いものではないので、採集熱が冷めるにつれ、次第に回復の気配があるようである。

とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


b0123970_841377.jpgササユリのつぼみ。
かわいいピンクの花が咲きます。

きれいな花なので、よく手折られます。

お隣の町 加子母 ( かしも ) では、町の花ということもあり、保護に力を入れてみえます。









by moriyama-jinja | 2009-05-30 08:13 | 周辺環境
ホオバモチ
今年も 朴の葉 の季節がやってきました。


b0123970_1743591.jpg朴の葉っぱです。

香りも良く、大きな葉なので、このあたりでは酢飯を押して 朴葉ずし にしたりもします。


b0123970_174557.jpg餡を入れた餅を一枚の朴葉でくるんで蒸した 朴葉餅 (ほおばもち)。
柏餅のような感じです。

この時期、どこの家でも作られていると思うのですが…

これがまたおいしい!


b0123970_1751329.jpgお餅の形は半円型です。

木曽の方では、5・6枚の葉を枝につけたままの形で蒸すようです。
見た目にも変わっていて面白いのです。
( 写真が無くすみません )

朴葉ずし の紹介も是非次回に…



郷土料理は いとおしいです。
by moriyama-jinja | 2009-05-29 17:30 | 周辺環境
妖精環
境内に 緑の輪っか が出現しました。


b0123970_16454143.jpgフェアリーサークルのよう?

( あちらはキノコの輪でしたか… )



b0123970_16443761.jpg松食い虫が入り、
枯れてしまったの切り株の周りに アマドコロ が群生しています。



b0123970_16463436.jpgアマドコロの花。

新緑の季節になりました。
by moriyama-jinja | 2009-05-29 16:57 | 周辺環境
玄米ご飯


b0123970_19383843.jpgこのところ、全玄米のご飯をいただいております。


b0123970_19385220.jpgよく噛めるせいか、体の調子も良いように感じます。


b0123970_19391433.jpgお宮の社務所横の田んぼも田植え がすみました。


b0123970_19393551.jpg見づらいですが、桐の花が田んぼに落ちています。
( 写真手前です )
薄い藤色がきれいな花です。













近くでお米を作ってみえるので、おいしいご飯が食べられます。
本当にありがとうございます。

by moriyama-jinja | 2009-05-28 19:54 | 周辺環境
ポポ
ポポの花が咲きました。


b0123970_19155526.jpg社務所の台所( まかない場 )の庭にポポの木が一本生えています。

果物の木です。

ポポの木・・・・・・・・・・・・・・・

北米原産。
明治期に日本に持ち込まれた。
ポポー、ポポーノキ、ポーポー、アケビガキとも呼ばれる。
寒さに非常に強い。

問題となる病害虫はほとんどなく、薬剤散布なしでも栽培できる。

とても甘く、香りが強い。
この強い芳香のために、人によって好き嫌いが別れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

味は… 好きずきです。
今年も完全無農薬で実をつけてくれることでしょう。
by moriyama-jinja | 2009-05-28 19:34 | 周辺環境
ナンジャ?
ヒトツバタゴの花が咲きました。


b0123970_18324162.jpg参道脇の一本。

自生ではなく、
もう何十年も前に、
蛭川( ひるかわ )の安弘見神社( あびろみじんじゃ )の
先代宮司さんが植えてくださったものです。

こんなに大きくなりました。


b0123970_18325998.jpg花拡大。
白くて細長い花びらです。

別名 ナンジャモンジャ とも言います。


b0123970_18332286.jpg大ヒノキ収蔵殿横の一本。

まるで雪が積もったか、粉砂糖をふりかけたよう…。


b0123970_18333886.jpg

昔の人が、
「 あの木はいったいナンジャろな? 」
と問うたのが前の由来とか…。

( 問うた→モンジャ でしょうか、おそらく。 )

面白いですね。
by moriyama-jinja | 2009-05-28 18:52 | 周辺環境
護山神社例祭:その2
b0123970_1134716.jpg「神薗の舞」:巫女4人が榊を手に舞う、本社に伝わる舞です。










b0123970_1155595.jpg地元の楽人です。今年は若者も加わって頼もしい限りです。いろんな方面からのご協力やこのようなご奉仕があってこそ伝統が続いていくのだと、感慨深い限りです。







b0123970_1245441.jpg祭典は粛々と進みます。












b0123970_1262976.jpg「木遣り音頭」も奉納されました。神宮式年遷宮の御用材や江戸城普請の用材を切り出し搬出する時に謡われたもので、本社創建にゆかり深く、毎年元旦と例祭に奉納していただいています。






b0123970_1373810.jpg居合道、弓道、空手、剣詩舞道、日踊こまどり会の奉納もありました。
祭の締めとなる餅撒きです。雨で人出は少なめですが、その分たくさん拾えて「今年は幸先がいいようだ」との声も…。
by moriyama-jinja | 2009-05-25 01:47 | 近況報告・ご挨拶
護山神社例祭:五穀豊穣と招福を願って…
4月25・26日(土・日)、護山神社の例祭が行われました。二日ともあいにくの雨、急遽テントを借りて雨支度。ほんとうにお疲れ様でした。おかげさまで無事執行されました。

b0123970_0373627.jpg幟も花も雨に濡れています。










 

b0123970_0394536.jpg雨支度の中、少し休憩。












b0123970_0434028.jpg木遣り音頭(岐阜県重要無形文化財)のお木曳き車も境内に安置されました。










b0123970_0472965.jpg「おんぽい節」の奉納を先導に、本祭が始まります。
「おんぽい節」は、険しい山から谷へと材木を搬出するときの「おんぽい、おんぽい」という掛け声と身振りが民謡になったものです。






b0123970_0513972.jpg参進。この写真は試楽祭です。













b0123970_0545816.jpg「太々神楽」の奉納












b0123970_0561184.jpg熱田神楽笠寺保存会代表濱野さんとそのお弟子さん。
 もう40年以上毎年来て下さっています。80を越してもまだ矍鑠として見えます。これも神明奉仕の賜物でしょうか。
by moriyama-jinja | 2009-05-25 01:11 | 近況報告・ご挨拶
奥社祭:その3
b0123970_22214494.jpgつつじと清流












b0123970_22243761.jpg切り株の上から別の木の芽生えが……生命の循環











b0123970_22252665.jpg新緑…自然の豊かな息吹に包まれて、その雄大さを全身に感じる時。
by moriyama-jinja | 2009-05-24 22:38 | 近況報告・ご挨拶