カテゴリ:近況報告・ご挨拶( 97 )
6月5日、恒例となっている東京中央木材市場(株)など7団体の正式参拝がありました、笹ユリも…
 b0123970_22533467.jpg
紹介が遅くなりましたが……、
東京中央木材市場株式会社、東京中央木材市場問屋組合、千葉木材センター問屋組合、千葉第二木材センター問屋組合、東京中央木材市場買方組合、千葉木材センター買方組合、千葉第二木材センター買方組合、の皆さんです。

b0123970_22564975.jpg東京中央木材市場株式会社にお祀りしている「木の神様」の元宮として「護山神社」を崇敬され、先代宮司の時から、毎年恒例で参拝を続けていらっしゃいます。

b0123970_23234194.jpgこの時期は、木曾の奥山の若葉が生き生きと輝く季節です。参拝の皆さんにもその生命力が伝われば幸いです。
この一週間後には笹ユリが咲きました。今年は花が三つ付きました。

b0123970_23241219.jpg昨年よりも元気があるように感じられます。
by moriyama-jinja | 2010-10-02 00:00 | 近況報告・ご挨拶
ご奉納いただきました
お神札を展示する箱(上段)と、
お祭で手水の時の手拭き紙を納める盆(下段)です。

b0123970_13513158.jpg
総代の小早川さんのご奉納です。
「神事係の役割を通して『有るといいなあ…』と思ったので、任期満了の記念に奉納します。」
と、残していってくださいました。たいへん有り難うございました。
総代としての任務をそのようなお気持ちで務めてくださったことこそ何よりのお志であろうと、感謝申し上げます。
by moriyama-jinja | 2010-09-23 14:40 | 近況報告・ご挨拶
ちのわポスター

b0123970_1618419.jpg今年始めて、

ちのわくぐり 

のポスターを作り、掲示しました。


b0123970_16182347.jpgお宮以外に、

道の駅
花街道 付知 と 

倉屋温泉 おんぽいの湯 
に貼らせてもらいました。




b0123970_16183984.jpg
花街道に貼ったポスター。

お隣の鮎料理の方へ目が行きますね。
by moriyama-jinja | 2010-07-06 15:39 | 近況報告・ご挨拶
経過報告…

b0123970_15155340.jpg先月20日のことでございます。

総代さんが集まって、茅輪 (ちのわ) を作ってくださいました。


b0123970_15201844.jpg付知の河原で刈ってきた ヨシ を 束ねて
しめ縄に巻き付けていきます。


b0123970_15214915.jpg
ヨイショ ヨイショ 
こら大仕事や


しかし楽しそう。


b0123970_1523460.jpg境内では清掃・整備も
同時進行。


b0123970_1524063.jpgヨシもこのように、


b0123970_15244758.jpg小さく束ねまして…。



b0123970_15262386.jpg
せっせと巻き付けては結び、巻き付けては結びます。



b0123970_15273740.jpg向こうから草刈りを終えた
精鋭が 続々とやってきます。


b0123970_15284693.jpg茅輪完成。

こんなんでどうやいなぁ?

そうやなぁ~。



b0123970_15321254.jpg社務所にて休憩。


皆さん、本当にありがとうございます!!
by moriyama-jinja | 2010-07-05 15:14 | 近況報告・ご挨拶
山祇講祭

b0123970_14461180.jpg本祭日の午後、
もう一つ神事をします。

山祇講祭
(やまづみこうさい) です。

参進の前の 
対揖(たいゆう)。



お祭り よろしくお願いします。


b0123970_14463651.jpg山祇講祭は、
山仕事 ( 伐木・製材・運搬など ) を生業とする人を講員とした集まりです。

やまつみ」 は
山の神様のお名前で、山を持ち、領するという意味です。

」 とは、同じ信仰を持つ人たちの集まりを言います。
(山祇講の場合)


現在でも、木材製造業に携わる方たちが中心となって、お祭りを支えてくださっています。


鋭利な斧(ヨキ)を使い、大木を倒したり、運んだりするのは命がけであったかと思います。

だからこそ昔の人は、信仰を大事に、身を慎んだのでしょうね。


b0123970_14422860.jpgステージでは、
日踊こまどり会さんが舞踊を奉納中です。


b0123970_14434344.jpg手前は、
出番を待つ 剣詩舞道(けんしぶどう)の皆さん。


b0123970_14441132.jpg詩舞(しぶ)の奉納。

毎年、愛知県の春日井市から駆けつけてくださいます。


b0123970_1444281.jpg準備中の弓道の皆さん。


b0123970_14445034.jpg大的(おおまと) に向かって、弓を引きます。


b0123970_14453479.jpg空手道の皆さん。

日も入りかけて少し肌寒くなりました。
( 東西に山があるので、四時頃には日が隠れてしまいます )



この後、恒例の餅拾いをして、春祭りはお開き。

総代・世話人さんはこの後も、境内整備、片付け、直会(なおらい)と 大変お疲れさまでございました。

大勢の皆さんの力添えのお蔭で、今年も春祭りが無事にすみました。
ありがとうございました!


( ここまで来てやっと、春祭りの記事を紹介し終えました… )
by moriyama-jinja | 2010-05-30 14:24 | 近況報告・ご挨拶
本祭当日

b0123970_9545019.jpg4月25日、春祭りの本祭当日です。

雲も引いてきて、
爽やかな青空になりました。

お祭りの気分も高まります。


b0123970_10434824.jpgおんぽい節保存会の皆さん。

杣(そま)の衣装を身に付けて、おんぽい節を奉納します。


b0123970_1042046.jpg
♪ やんれ 
おんぽい 
おんぽいな~


日の丸の めでたい扇で福招き。


b0123970_1338040.jpg宮入(みやいり)の様子。


b0123970_13385120.jpg巫女さんたち


b0123970_13392247.jpg楽人さんたち


b0123970_13395834.jpg玉垣内に進む前に、お清めをします。


b0123970_13414748.jpg拝殿では、熱田神楽の楽人さんが、太々神楽をあげて(奉納して) くださいます。



b0123970_13443710.jpg玉垣の中で、神事が始まります。

世の中の平穏無事と、万民の安泰を、お祈りします。
by moriyama-jinja | 2010-05-29 09:54 | 近況報告・ご挨拶
春祭り (4月24日その②)

b0123970_19343419.jpg拝殿へ参進します。


b0123970_1935195.jpgお祭りがはじまります。

雅楽の音色に導かれ、

宮司、神職、総代が
昇殿(しょうでん)します。


b0123970_19353793.jpg 有難いことに、
十代の子が二人も 
楽人
(がくじん … 雅楽を奏する人) 
として奉仕してくれました。

紅一点女の子もいます。

若いのに偉い!


b0123970_19355073.jpgお祭りが粛々と進みます。


b0123970_19361472.jpg太々神楽
(だいだい かぐら)
を舞う巫女さん。

金の御幣(ごへい)を付けた、
おめでたい榊(さかき)と
笹をかつぎます。


ほかにも、扇子を招いて福を呼び込む所作や、

お鈴を振って豊年豊作を願う所作もあり、たいへん縁起の良い舞です。



b0123970_19371656.jpg練習前の巫女さんをパチリ。

後ろのお二方は、
熱田神楽 笠寺保存会の楽人(がくじん)さんです。

毎年、この春祭りの二日間だけのために、愛知県からはるばる来てくださいます。




いずれが欠けてもお祭り出来ませんから、本当にありがたいことです。
by moriyama-jinja | 2010-05-22 19:33 | 近況報告・ご挨拶
春祭り (4月24日)
4月24日、試楽祭( しがくさい ) が斎行されました。


b0123970_1724156.jpgこの日は
拝殿で神事を行うため、準備をします。


b0123970_17243924.jpgお天気がようて、よかったなぁ~。

そうやなぁ~。



b0123970_17245456.jpg献灯台も設置されました。


b0123970_17252426.jpgお願い事のローソクは、 

家内安全
しあわせ
健康祈願 

などを用意しました。


b0123970_17253842.jpgかわいい巫女さんたち。


小6から中3まで、
各学年2名ずつ
4年間を通して舞姫さんを務めてくれています。


b0123970_18344232.jpg

山祇講 (やまづみこう)の
大幟 ( おおのぼり )
も立ちました。


講長さんたちを
パチリ。


b0123970_19245987.jpg拝殿へ参進。

お祭りが始まります。
by moriyama-jinja | 2010-05-13 17:12 | 近況報告・ご挨拶
用水まつり
4月15日 用水まつり が行われました。

付知町は、田んぼが川の流れより高いところにあるため、水を運ぶのが難しく、稲作のできにくい土地でした。

江戸時代後期、当時庄屋であった、田口慶郷 (たぐちよしさと)翁は、水のない田んぼを憂い、私財をなげうって山に穴を開け、町内に水路をめぐらして上流から水を引き、豊かな水が流れるようにしました。

機械のない昔のことですから、全て手作業、何年も何年もかかり、本当に大変だったと思います。

用水まつりは、その偉業・功績をたたえ、水の恵みに感謝するお祭りです。


b0123970_1825546.jpg
まずは、水の神様にご挨拶のおまつり。

本殿左側の 水神社 (すいじんじゃ)前にて。


b0123970_1826876.jpg中央のお社(やしろ) が水神社です。

玉垣 (たまがき) をはさんで、右に 香取社 の屋根が見えます。


b0123970_18273497.jpg田口社 (たぐちしゃ) 前まで移動。




b0123970_1828571.jpg田口社には、慶郷翁とともに、用水整備に携わった人物 (測量技師など) が祀られています。



神事のあとは、皆さんで全用水の整備・点検に行かれるそうです。

手入れをしてくださる方々のお陰で、安心して生活できます。


本年も無事に、用水まつりを行うことができました。

ありがとうございました。
by moriyama-jinja | 2010-04-16 18:29 | 近況報告・ご挨拶
献燈台
総代さんのお手製 献燈セットお目見え。 

b0123970_13584453.jpg
お祭りの時に、
ロウソクをもっと
灯せるようにしたらどうかという、総代さん方の提案により、

今までの台を補強したり、新しく作ったりしました。

ロウソクを入れておく箱も
用意していただきました。


「 護山神社 」 の文字に、熱意が にじみ出ています。(しかも手彫り)


みんなで智恵出しあって やろまいか(力をあわせて やりましょう)


やろまいか精神 が 宿っています。
by moriyama-jinja | 2010-04-13 13:57 | 近況報告・ご挨拶