カテゴリ:近況報告・ご挨拶( 97 )
「檜の柄杓」奉納、『檜の御神符』
 檜の柄杓を、今年もヒノキヤ産業さんから奉納していただきました。檜の香りが心地良い新作です。さっそく、今年の例祭から使わせていただきます。
b0123970_16261651.jpg

  当地の檜は、木理(キメ)が細かく、微かにピンクがかった上品な肌合いで、清々しい香りがします。肌に触れると温かみを帯び、その生命力が伝わって来ます。
 そのような生命力を持つ檜を、当神社の御神徳の象徴として『檜の御神符』としました。白木の『檜の御神符』を素肌に付けて、自然の生命力を感じてください。ちなみに、木には身体の静電気を除去する効果もあると言われています。
b0123970_17114855.jpg

御参拝の折に、宮司宅に声をお掛けください。
b0123970_1713143.jpg

by moriyama-jinja | 2012-03-24 17:08 | 近況報告・ご挨拶
自動車のお祓い
 新車の清め祓えと交通安全を祈願しました。
b0123970_15344560.jpg

 随時行っています。ご用の方は、護山神社〔電話0573-82-4433〕、〔宮司宅0573-82-4011〕へご連絡下さい。
 
by moriyama-jinja | 2012-03-24 15:39 | 近況報告・ご挨拶
これも昨年に遡って…“雪ん子”竜頭
 前回に続き、昨平成23年に遡って…新年の準備を終えた後、総代の熊崎博規さんが手水舎の凍結防止作業を奉仕してくださいました。
 延長コードと白い断熱材は持参で、水道管と竜頭にヒーターを巻きつけたところ、竜頭がずきんをかぶったような…。 これがもう少しおしゃれなずきんなら、本社の冬の風物詩になるかも…?
b0123970_21195549.jpg


 
by moriyama-jinja | 2012-03-20 21:04 | 近況報告・ご挨拶
昨年に遡って…懸税(かけぢから)
 「懸税(かけぢから)」、秋の田に実った稲の穂を抜き、麻で束ねて「懸税」を奉製します。
b0123970_20395387.jpg

 まず神前にお供えして、収穫を奉告し感謝を献げます。そして神宮の神嘗祭に奉納します。
b0123970_20454961.jpg

  「税」は“ちから”と読み、「民から奉る稲の束のことで、『民の力』の意であろう」ということです。伊勢の神宮では、奉られた稲の束を社殿の垣に懸けるところから、「懸税(かけぢから)」と言われています。当神社は玉垣門と鳥居に懸けて、感謝と祈りを献げます。
b0123970_20495472.jpg

 日本の国は稲の実りに支えられて長い歴史を紡いできました。稲作に向き合うことから、自然の恵みだけでなく脅威とも共存することを学び、豊作でも思い上がらす、天災に見舞われても希望を失わず、創意工夫をこらして克服する精神性を培い、共同して働くことから思いやりと絆を築いてきました。そんな伝統と精神を改めて見直したいものだと思います。
 
by moriyama-jinja | 2012-02-27 21:12 | 近況報告・ご挨拶
昨年に遡って…御神酒「護山」醸造始めと奉告祭
昨年(平成23)10月8日、御神酒「護山」の醸造始め清祓を、三千櫻酒造で執り行いました。
b0123970_21455416.jpg

太陽と土と水の力で米が実りました。さらに発酵という“自然の恵み”を祈ります。
b0123970_21462078.jpg

12月11日、出来上がった御神酒を神前にお供えして、奉告祭を執り行いました。
b0123970_21464222.jpg

感謝と祈りをこめて拝礼します。人智の及ばない大きな‥何か‥を感じる時。
b0123970_21472066.jpg

空手の凛々しい奉納がありました。
b0123970_2231054.jpg

b0123970_223442.jpg

奉納ありがとうございました。
b0123970_21482256.jpg

お供えした御神酒で、新酒の利き酒。爽やかでさっぱりとした喉ごし。お手伝いいただいた‘敬神乙女会’の姿もチラリと。
b0123970_21561182.jpg

本年は日本酒度+5ということで、味わい談議に花が咲きます。
b0123970_2159242.jpg

by moriyama-jinja | 2012-02-23 22:04 | 近況報告・ご挨拶
平成24年、よい年を願って……
 平成24年(壬辰)の新年は、まず大晦日の花火から。
道の駅「花街道付知」で打ち上げ花火。鳳凰が空を舞っているような……。
b0123970_22452890.jpg

昇竜の花火で、辰年を迎える。
b0123970_22481291.jpg

護山神社、参道のキャンドル。雪が少しパラつき、路面も凍結。
b0123970_22505610.jpg

ライトアップされた境内で、新年を待つ。
b0123970_22521836.jpg

初もうで、お参りする人、おみくじを結ぶ人。
b0123970_1671756.jpg

初もうで、御神札・御守り・おみくじ。
b0123970_1610378.jpg

初もうでのあと、篝火と舞い上がる火の粉。
b0123970_22543777.jpg

澄みとおった星空。今年は良い年になりますように。
b0123970_2257319.jpg

町内、他の神社でも。付知では、「五社巡り」の締めに「護山神社」を詣でる風習があります。
b0123970_230530.jpg

b0123970_2301411.jpg

〔写真提供:付知町早川写真館、早川正文氏〕
by moriyama-jinja | 2012-02-01 22:40 | 近況報告・ご挨拶
除草奉仕、幟立ての奉納
 6月22日午前中、総代の熊谷昭雄さんが梅雨の晴れ間をぬって除草奉仕をして下さいました。19日に刈り払った草に除草剤をかけるとよく効くということでした。
b0123970_2033916.jpg

 この幟立ても、前の総代さんが手作りで奉納してくださったものです。2期務めるなかで、さりげない気配りを随所でしてくださいました。なかなかできない気配りでした。ありがとうございました。 
b0123970_20331887.jpg
b0123970_20332896.jpg

by moriyama-jinja | 2011-06-26 20:25 | 近況報告・ご挨拶
少し遡って、奥社鳥居の新調と例祭での義捐活動
 奥社の鳥居が昨冬の雪で倒れました。
b0123970_03081.jpg

 平成22年12月の冬景色です。雪の少ない冬でした。
b0123970_015857.jpg
b0123970_021873.jpg

 今年平成23年の奥社例祭(4月20日)までに新調するよう、総代会で取り組みました。
 3月30日に総代会長伊藤満彦さん、副会長早川貴典さん、山祇講長口田哲郎さん、大工口田勝利さんと手伝いの6人で立てました。前もって材木を運び上げ、建立後も整地や幟立設置に行くなど、たいへんご苦労様でした。お陰様で立派な鳥居に新調され、奥社の例祭が滞りなく執行されました。ありがとうございました。
b0123970_035360.jpg

 4月24日の本社例祭では、東日本大震災の義捐活動を行い、被災地の復興を祈念しました。義捐金は神社本庁を通じて被災地の神社復興に役立てるべく、岐阜県神社庁に納付しました。
b0123970_029886.jpg

by moriyama-jinja | 2011-06-26 00:25 | 近況報告・ご挨拶
幼稚園児が茅の輪くぐりを体験しました
 6月20日、町内の「のぞみ幼稚園」の児童が、情操教育の一環として茅の輪くぐりを体験し、参拝しました。
 先生に引率されて、緊張気味に境内へ進みます。
b0123970_085318.jpg

 整列して、大きな声で「おねがいします」。 
b0123970_23455615.jpg

 作法を聞き、全員が手水を執ります。
b0123970_2346822.jpg

 神妙に茅の輪をくぐります。
b0123970_2346181.jpg

 神前に進み、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。
b0123970_23463148.jpg

 茅の輪をくぐり、神前にお参りするという体験。それは、五感では捉えることのできない「理想」「夢」「希望」「正義」といった人間性を、また「思いやり」「謙譲」「相互信頼」といった人間らしさを感じる心に通じるものだと思います。 
b0123970_23465035.jpg

by moriyama-jinja | 2011-06-25 01:26 | 近況報告・ご挨拶
茅輪作り、さっそく参拝が…
 6月19日、夏越大祓の茅の輪を作りました。総代さんが町の中央を流れる付知川から刈り取って来て組み立てます。
 他の総代さんは境内の清掃や路肩の草刈作業に、汗を流して取り組んでみえます。
b0123970_1641032.jpg

 総代さんの工夫で今年は真ん丸になりました。太さもあり、日本を昔「豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)」と呼んだように、豊穣のイメージも出ました。
b0123970_16412283.jpg

 さっそく茅の輪をくぐって無病息災、攘災招福を祈願する参拝者です。
b0123970_16413370.jpg

by moriyama-jinja | 2011-06-24 17:06 | 近況報告・ご挨拶