護山神社(もりやまじんじゃ)のウッディがヒノボックリと一緒に、お宮とその周辺情報をお届けします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2010年 10月 17日 ( 1 )
神社が奥山の雰囲気に包まれることを夢見て……。
 10月1日(金)、古代の東山道・神坂峠(みさかとうげ)への登山道登り口、長野県阿智村の神坂神社で、栃の実を拾って来ました。
 栃は奥山に自生すると言われる木です。
 ちょっとホロ苦いけれど、その風味がまた何とも言えない栃餅や、栃の実せんべいの材料となります。
b0123970_22573016.jpg
上段 → 栃の実、外皮はきれいに三つに割れています。

中段 → 三つに割れた外皮の外側   下は、内側

下段 → その核、栗より丸い形をしています。


b0123970_22575867.jpg
     苗木(山に自生していた)を移植して10年ぐらいの栃の若木です。



     その葉裏
b0123970_2258183.jpg
 栃の実を播きました。
 同時に、`09年10月29日の記事で紹介しました「沢胡桃」の実も播いてみました。 芽が出ると良いのですが……? (期待半ばで…)
 来春が楽しみです。 神社の森が奥山の雰囲気に包まれることを夢見て……。
by moriyama-jinja | 2010-10-17 23:46 | 周辺環境