護山神社(もりやまじんじゃ)のウッディがヒノボックリと一緒に、お宮とその周辺情報をお届けします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
鎮守の杜をつくりたい!
 社殿の周囲と背後には木曽五木や杉・松などの針葉樹。それを取り巻くように常緑照葉樹も混じる混合林。その外側には四季の花木を散らした広葉樹林。
 神域は気が引き締まる荘厳な雰囲気を…。その周りには木々の息吹に浸る森林浴の森を…。漠然としたイメージの中に夢は広がりますが、とても手が及びません。少しずつ…、少しずつでも……。

b0123970_21451066.jpg
一昨年の暮れに蒔いたドングリが昨年春に芽を出し、一年間でこれだけに成長しました。
今年は山裾に仮植し、来年は山に戻す予定です。







b0123970_21513148.jpg
連休の一日を使って植えました。「おおやまれんげ(大山蓮華)」
栽培種はひ弱なようですが、虫や雑草に負けないで、大木になってほしいものです。












b0123970_2152384.jpg
「やまぼうし」と標示されていましたが、「べにばなはなみずき(紅花花水木)」のようです。
 人間は1年、せいぜいが10年単位の人生ですが、樹木の生長は50年100年単位です。
木が森になるのを見ることはまず無理でしょうが、想像して夢を見ることはできます。



b0123970_2153293.jpg
野に一輪咲いていました。すみれでしょうか?
by moriyama-jinja | 2009-06-01 21:10 | 周辺環境