護山神社(もりやまじんじゃ)のウッディがヒノボックリと一緒に、お宮とその周辺情報をお届けします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
古祠焼納祭:第15回となりました。
 5月3日、「古祠焼納祭」が執行されました。神仏具を調製販売している地元付知町の早川産業さんが、古い神棚や神具を、お祀りした神霊・お祈りした人の真心を尊重して清らかに納めたいと、先代宮司と相談して始めた「古祠焼納祭」も、今年で第15回となりました。
 
b0123970_113512.jpg

社前に木曽檜製の矢来を設けて、古祠・古神具を納めます。
大地・水・空気、そして大陽。その自然が育んだ樹木の生命を戴いて調製した神棚です。











b0123970_11354081.jpg

古祠を焼納した清め灰を杉の大木の根本に奉還して、感謝の意を表します。








b0123970_1136184.jpg

斎火を松明に移し、










b0123970_11362216.jpg

着火。
火事には充分な注意を……。









b0123970_1136467.jpg

火の威力は人間に文化をもたらし、その一方で不注意に扱うと災禍をもたらします。








b0123970_11374967.jpg

火のそのような激しい性質も……、
穀物・野菜、そして樹木の穏やかな生命も……、
それらを戴いて生きている人間も……、
太陽系の一惑星〈地球〉の一部、大きな循環の一部。
by moriyama-jinja | 2009-05-31 13:11 | 近況報告・ご挨拶